Sister

Sister x TISSUE
Sister x TISSUE
  • Sister x TISSUE

    L/S T-SHIRT/TISSUE MAGAZINEdonate to women‘s rights advocacy group
    ¥6,000-(tax in)
    10% donate(¥600)

  • Sister x TISSUE

    L/S T-SHIRT/sister sister sisterdonate to women‘s rights advocacy group
    ¥6,000-(tax in)
    10% donate(¥600)

  • Sister x TISSUE

    L/S T-SHIRT/SISTERdonate to women‘s rights advocacy group
    ¥6,000-(tax in)
    10% donate(¥600)

  • Sister x TISSUE

    L/S T-SHIRT/TISSUE MAGAZINEdonate to women‘s rights advocacy group
    ¥6,000-(tax in)
    10% donate(¥600)

  • Sister x TISSUE

    L/S T-SHIRT/sister sister sisterdonate to women‘s rights advocacy group
    ¥6,000-(tax in)
    10% donate(¥600)

  • Sister x TISSUE

    L/S T-SHIRT/SISTERdonate to women‘s rights advocacy group
    ¥6,000-(tax in)
    10% donate(¥600)

  • Sister x TISSUE

    TOTE BAG/TISSUE MAGAZINEdonate to women‘s rights advocacy group
    ¥3,000-(tax in)
    10% donate(¥300)

  • Sister x TISSUE

    TOTE BAG/sister sister sisterdonate to women‘s rights advocacy group
    ¥3,000-(tax in)
    10% donate(¥300)

  • Sister x TISSUE

    TOTE BAG/SISTERdonate to women‘s rights advocacy group
    ¥3,000-(tax in)
    10% donate(¥300)

  • Sister x TISSUE

    STICKER/TISSUE MAGAZINEdonate to women‘s rights advocacy group
    ¥300-(tax in)
    10% donate(¥30)

  • Sister x TISSUE

    STICKER/sister sister sisterdonate to women‘s rights advocacy group
    ¥300-(tax in)
    10% donate(¥30)

  • Sister x TISSUE

    STICKER/SISTERdonate to women‘s rights advocacy group
    ¥300-(tax in)
    10% donate(¥30)

  • Sister x TISSUE

    STICKER SET/3 DESIGNSdonate to women's rights advocacy group
    ¥800-(tax in)
    10% donate(¥80)

  • Sister x TISSUE

    POST CARD
    ¥FREE
    購入の方全員にプレゼント

Sister x TISSUE
Sister x TISSUE

長尾(以下N)- Uwe、今回の企画に快く参加してくれてありがとう。

私は2008年にSisterをスタートし、2018年に会社から独立して、今は自分でSisterを運営しています。
Sisterと言うお店の名前の由来はYOKO ONOさんのアルバム「Sometime in New York City」に収録されている「Sisters, O Sisters」から頂いたもので、このアルバムは70年代のアメリカで起こったウーマン・リブの精神が宿った曲です。この曲の歌詞やYOKOさんの著書「ただの私」に勇気を貰いました。(その名の通りSisterは女性だけでお店を運営をしています)
ですから、これを機にジェンダー問題への支援が出来ることをとても嬉しく思います。

N- First of all, thank you so much for the effort you have put in our collaborative project, Uwe. I can’t describe how much a pleasure it has been to work with you.

I started my shop Sister in 2008. Its business is now owned and operated only by women including myself. It’s named after Yoko Ono’s song “Sisters, O Sisters” from the album “Sometime in New York City,” which has the spirit of 70s feminist movement. The lyrics to the song and also Ono’s book “Just Me!” have truly been empowering to me.
I’m extremely happy to take this opportunity to spread positive message to women, just like these creations did to me.


Uwe(以下U)- ありがとう、Yumi。この企画に関わることができて、僕も本当にうれしいです。
TISSUE Magazine は世の中の自由と平等を支援することを自分たちの使命と考えているし、また、僕自身、ジェンダー問題には高い関心を持っていて、身のまわりにいる女性たちだけでなく、世界中の女性たちのためになにかできたらと考えているので、今回声をかけてもらえたことを光栄に思います。

U- Thank you very much, Yumi. It’s a big pleasure for me too. I feel quite lucky to be a part of this collaboration.
As TISSUE Magazine, we feel quite honoured and see it as a duty to support freedom and equality all over the world. As a male creative director behind the project, I have a lot of respect for those topics and hope I am able to give something back to the women in my life as well as women all over the world.



N- Uweの雑誌「TISSUE Magazine」はドイツ発のファッションカルチャー誌ですね。私は雑誌が発行された時に偶然本屋で見つけて、格好良い!と思いまとめて購入したんです。今思うと不思議な縁です。
あなたとこうして一緒に何かが出来ること、考えをシェアすることがとても嬉しいです。「TISSUE Magazine」のファンとして、あなたのクリエーションが大好きです。

N- You are Editor-in-Chief and Creative Director of TISSUE Magazine, published in Germany. I actually bought a few copies of the first issue when it came out. I immediately fell in love with the artistry of it, and have been a big fan of both TISSUE and your creations since then.
I certainly did not imagine back then that I’d be working with you in the future. This has been such an honour to be able to work with you and to share our thoughts and opinions.

Sister x TISSUE

U- 僕たちは TISSUE Magazine を流動性のある雑誌と呼んでいます。N° 5 を出した2015年以降、紙媒体での発行はしていません。現在はホームページ (http://tissuemagazine.com/) でのコンテンツ配信や、ミックステープと題した毎月の音源配信、それに、展示やイベントの企画に力を入れています。
TISSUE はどこの企業や組織にも属していない、インディペンデントのプロジェクトです。ここから得た売上はすべて TISSUE の制作に還元されていて、プロジェクトに関わる人は全員、僕を含めて無償で活動しています。

僕が TISSUE に関わる上でもっとも大切にしているのは、TISSUE の標語でもある「アートとメディア、生と死」、これを表現するにあたっての完全なる自由です。

今とりかかっているのは、今年オッフェンバッハ・アム・マイン造形大学で行うワークショップです。久しぶりに紙媒体で発行する予定の TISSUE Magazine N° 666 を、ワークショップの参加者と一緒に作り上げることになっているんですよ。

U- We like to call TISSUE a liquid magazine. We skipped printed version after five issues back in 2015. We focus on our homepage (http://tissuemagazine.com/), our monthly mixtape series as well as exhibitions and other interesting events.
TISSUE is an independent project. All profit flows back, and everyone is working for free, me as well.

For me, the most important thing at TISSUE is the total freedom of expression in art and media, life and death.

In a workshop at University of Art and Design Offenbach, beginning in 2019, we decided to work together on new printed issue - TISSUE N° 666!



N- 毎年3月8日に行われる国際女性デーは、主に世界の女性の権利を主張する日として定められています。今回企画した商品は販売価格の10%を女性支援団体に寄付することにしています。ロングスリーブTシャツは6000円(600円の寄付)、トートバッグ3000円(300円寄付)、ステッカー300円(30円寄付)。そして、この企画に参加した全ての人にUweがデザインしたポストカードをFREEで差し上げます。
ポストカードには是非大切な人にメッセージを書いて送って下さい。

N- March 8 is International Women’s Day, a global day celebrating women’s achievements.
In order to support gender equality, 10 percent of every purchase from our collaborative line will be donated to a women’s rights organization. The amount to be donated is 600 JPY for a long sleeve tee (retail price 6,000 JPY), 300 JPY for a tote bag (retail price 3,000 JPY), and 30 JPY for a sticker (retail price 300 JPY). Each purchase comes with a free postcard, designed by our guest artist, Uwe Jens Bermeitinger.


U- 今回、売上の一部が女性の人権保護団体に寄付されるということで、僕のデザインした “sister sister sister” では、TISSUE Magazine から Sister へ、そして Sister からすべての女性へと、国や言語を超えた女性同士の連帯を表現しました。
もうひとつ、TISSUE と Sister のロゴを組み合わせたビジュアルもとても気に入っているので、みなさんに身につけていただけるのを今から楽しみにしています。

U- I chose the theme “sister sister sister” for the special March 8 collection. From sister to sister to sister; from TISSUE Magazine to Sister Tokyo to all women - because a part of the profit goes to Women’s Rights Advocacy Group.
The main design for the collabo is the merge of the TISSUE and Sister’s logo. I by myself love it very much and can’t wait to see it on people wearing it.



N- 私は国際女性デーを機に身近なジェンダー問題に対して少しでも向き合いたいと思う気持ちでこの企画を発信しています。
女性支援=男性非難では無く、自分のより近い人たちを明るい気持ちにしていくために行動したいと思っています。
ジェンダーの問題は国や地域によって内容も様々だと言う印象を受けます。個人的な経験ですが、他者からの「女だから」「女のくせに」と言う無意識の固定概念と束縛によって自分の選択肢を狭めていることがあったはずです。
そして、私自身も「女なので」と、性に甘えていたことも事実です。
この固定概念こそ、次の世代にむけて変えていくべきことではないかと考えます。
Uweはジェンダー問題についてどう思っていますか?

N- For this year’s International Women’s Day, I see it as an opportunity to talk about gender equality.
Supporting women’s rights is not about criticizing men. I want to take action in order to make the society more comfortable to the people around me.

Issues related to gender and sexual diversity seem to really differ from country to country. Having grown up in Japan, there were some moments that I underestimated the possibility of myself, or held myself back from what I really wanted in life, because of gender stereotypes.
I want to inspire the next generation to push boundaries by breaking through such inner glass ceilings.


U-「ガラスの天井(※)」は男女平等に関するキーワードのひとつですが、僕はこれを「ガラス=壊れるもの」と捉えています。つまり、社会の古い仕組みや価値観は壊すことができるし、そのガラスの天井の外には、平等でよりよい世界が広がっているのを見ることだってできるはずなのです。それは女性にとってだけではありません、誰にとっても生きやすい世界です。

ドイツではジェンダー問題についての議論が活発に行われていますが、対話はときに感情的で複雑なものになりがちです。ドイツにおいても、本当の意味での男女平等はまだ実現していません。男女間での賃金や地位の格差、それに古い性規範も根強く残っています。
一方で、アートや音楽、クラブカルチャーの文脈では、そういった問題に対抗する動きもたくさん見られます。例えば僕の友人でもあるグループ POSSY (https://www.facebook.com/POSSYKollektiv/) は、性の多様性や互いの尊重、男女平等についての関心を高めるべく、イベントやパーティーで活動しています。これらを実現するためには、まだまだやらなければならないことはたくさんあります。
TISSUE でも性の多様性を支援すると同時に、男女平等を実現するための活動を、プロジェクト開始以来ずっと続けてきました。TISSUE の DNA に組み込まれていると言ってもいいでしょう。例えば “Natural Born (ナチュラル・ボーン)“ というコーナーでは、女性アーティストや、我々が出会った興味深い女性を紹介しています。それも、そうやって女性に焦点が当たることは特別でもなんでもなく、ごく当然なことだという姿勢を基本にね。

個人的な意見を言わせてもらうなら、僕の人生にとって男性は必要ありません。むしろ、社会の主導権を女性が握るようになったら、世界はきっともっとうまくいくだろうと考えています。
僕は女性に育てられました。母と姉です。当時はまだ、シングルマザーが1人で子供を育てていくのは容易なことではなかったことでしょう。彼女たちは、僕にあることを教えてくれました。性別の違いで人間の優劣なんて決まらない、ということです!

※ ガラスの天井 … 女性を含めたマイノリティが、性別や人種などを理由に、地位向上の機会を得づらい社会的不平等を表現する言葉。社会通念や人々の固定観念として存在する不平等性を ”見えない障壁” になぞらえている。
例えば、2016年のアメリカ大統領選挙において初の女性大統領となることを期待されていたヒラリー・クリントンが、対立候補だったトランプの勝利確定後、「最も高いところにあり、最も硬いガラスの天井を破ることができなかった」と敗北演説で語ったことが有名。

U-I like that you use the word “glass ceilings”. It immediately gives the feeling that these old structures are breakable and that you can even see through to a better equal world for everybody - not only women.

In Germany, these topics are quite popular but also quite hysteric and confusing. Still, in Germany, there is no real gender equality. There’s a gap when it comes to salary, power and representation. On the other hand, there is a lot of action going on in the fields of art, music and club culture. For example, my friends from POSSY (https://www.facebook.com/POSSYKollektiv/) - a creative club collective - put a lot of effort into the awareness of topics like sexual diversity, respect and gender equality on their parties and events. I know that there is still a lot of work to do.
TISSUE is supporting sexual diversity as well as gender equality since day one. It’s part of our DNA. We feature female artists and other interesting women in our “Natural Born” section without making a big fuzz out of it, like normal business.

Me personally, I don’t need men at all. I am quite sure, the world would be a better place if women would be in charge. I was raised by women - by my mother and my big sister - in times where it wasn’t that easy for single mothers raising their kids on their own.
They taught me from the beginning; there is no hierarchy in gender!



N- 最後に、私たちは一度も会ったことがないけれど、ファッションやカルチャー、アートを通して世の中の問題に一緒に、そしてポジティブに向き合うことがとても大切だと思っています。
考えをシェアすること、そして明るい方向へ進むことが今の私たちにとって必要だと信じています。
Uwe、本当に今回はありがとう!また話しましょう。

N- I think it’s so precious that, even though we never met in person, we can communicate with each other through fashion, culture and art, and work together to make the world a better place.
Thanks again for taking your time to share your thoughts with me, Uwe. I’d love to talk to you again!


U- 本当にその通りですね。ただ、一度も会ったことがないまま一緒に何かを作り上げるのも美しいことだけれど、僕としてはいつか東京に行ってみたいという願いも持ち続けています。もし叶ったら、次は実際にお会いして話ができるかもしれませんね。そうでなくても、これを機に今後も継続的になにか一緒に企画していけたらうれしいです。
最後に、このプロジェクトに関わってくださった全ての人に感謝します。

P.S. TISSUE N° 666、楽しみにしていてくださいね… (発売は年末の予定です)

U- Yes, that’s true. Still, I really hope to be able to visit Tokyo in person one day soon. So, maybe next times we’ll be talking in real life. I also hope that we will keep collaborating in the future.
Sending warm greetings to everybody involved.

P.S. TISSUE N° 666 is coming… (end of 2019)


------


TISSUE Magazine
TISSUE Magazine は2011年、Hans-Christian Bussert と Melanie Jeskeの協力のもと、Uwe Bermeitingerによって創刊。
フェティシズムやファッション、哲学にまつわる優れたアートや写真のための雑誌として、世界中の写真家やアーティストなどを紹介してきた。これまで誌面を飾ったアーティストはMarili Andre,Maxime Ballesteros, Thomas Bayrle, Ayzit Bostan, Tim Bruening, Adrian Crispin, Martin Eder, Lukas Gansterer, HR Giger, Hart+Lëshkina, Daniel Josephsohn, Vassilis Karidis & Nicholas Georgiou, Sasha Kurmaz, Leigh Ledare, Jonas Lindström, Narcissister, Hanna Putz, Rotganzen, Timothy Schaumburg, Britta Thie, Miroslav Tichý, Olivier Zahm and Jörg Koch など。

2015年に発表された第5号以降は紙媒体からウェブ媒体へと活躍の場を移し、現在はクリエイティブグループとしてホームページ上でインタビューや動画、ミックス音源などのコンテンツを配信するほか、イベントや展示の企画を手がけている。目下4年ぶりの製本版である特別号TISSUE N°666 を制作中で、刊行は2019年末を予定。
http://tissuemagazine.com/
http://instagram.com/tissuemagazine/
https://soundcloud.com/tissue-magazine/

TISSUE Magazine
TISSUE Magazine was founded in 2011 by Uwe Bermeitinger with the help of Hans-Christian Bussert and Melanie Jeske. It used to be an exquisite art and photography manual at the edge of fetish, fashion and philosophy featuring the works of international artists, photographers and other personalities including Marili Andre, Maxime Ballesteros, Thomas Bayrle, Ayzit Bostan, Tim Bruening, Adrian Crispin, Martin Eder, Lukas Gansterer, HR Giger, Hart+Lëshkina, Daniel Josephsohn, Vassilis Karidis & Nicholas Georgiou, Sasha Kurmaz, Leigh Ledare, Jonas Lindström, Narcissister, Hanna Putz, Rotganzen, Timothy Schaumburg, Britta Thie, Miroslav Tichý, Olivier Zahm and Jörg Koch.

In 2015, after five printed issues TISSUE decided to not be a classic print magazine anymore and disappeared in ether. Now, TISSUE’s a liquid magazine and a creative collective focusing on our online platform releasing features, interviews, videos, our monthly mixtape as well as hosting events and exhibitions. Currently we are working on TISSUE N°666. It will be printed end of 2019.

©2019 TISSUE Magazine – art and media, life and death
TISSUE Magazine and tissuemagazine.com is a special service for you – Es ist hoffnungslos.


Uwe Jens Bermeitinger
1978年、ドイツ南部の都市に生まれる。現在はハンブルクを拠点に、フリーのアートディレクター/クリエイティブ・ディレクターとして活動。TISSUE Magazine の創設者であり、同誌のクリエイティブ・ディレクターも担当している。
個人名義の作品、インスピレーションやパーソナルな写真は、ブログ Kiosk Internaitonal で随時発表中。
http://kiosk.international/

Uwe Jens Bermeitinger
Born in 1978, in south of Germany, now living and working as a freelance art director/ creative director in Hamburg. He is Founder/ Creative Director of TISSUE Magazine. Sharing his work, inspiration and personal photography on his blog Kiosk International.
http://kiosk.international/


Translated by Mai Matsuoka

Sister x TISSUE

http://tissuemagazine.com/series/natural-born-yumi-nagao/

Sister x TISSUE

渋谷。長尾悠美は、いすに座っている。組んだ足の上に、同じく交差した両腕を乗せて。後ろには、大きな本棚にいっぱいの本や雑誌。TISSUE Magazineの第1号もある。カメラをのぞく瞳は、強い意志と好奇心に満ちている。悠美がじっと佇むそこは、賑やかな東京の中心に位置する彼女の根城、Sisterだ

Yumi Nagao is sitting on a stool in Shibuya. She’s crossing her arms on top of her legs that are crossed as well. Behind her, there’s a big shelf filled with selected books and zines. One of them is TISSUE Magazine N°1. Her look into the camera: Determined. Curious. Yumi is sitting still in the buzzing epicenter of her natural habitat: Her shop Sister in Tokyo.


Sisterは、最新のファッションとカルチャーを提供している。コンセプトは、女性による女性のための店。長尾がSisterで働き始めたのは2008年。その10年後に経営を引き継いだ。Sisterの経営を担う以前から、バイヤーとして東京とニューヨークを行き来し、買い付けを行ってきた。両手に揃いのタトゥーを入れたのもニューヨークだったと、今回のインタビューで教えてくれた。

Sister is serving with the latest sought-after supplies of fashion and culture. The concept of the store: Nice things for women, brought to them by women. In 2008, Nagao started working at the shop. Ten years later, she took over the direction. But before making Sister her baby, she was working as a buyer, commuting between New York and Tokyo. How she got her twinsie hand tattoo in NYC is just one of the things she told us, when we interviewed her for our Natural Born series.


タトゥーのことはさておき、まずはそもそもの話をしよう。我々が悠美と出会った理由は、2019年の国際女性デーだ。TISSUEは、プロダクトの販売先としてだけでなく、クリエイティブパートナーとして、そしてインスピレーションの源として、Sisterとチームを組んだ。TISSUEがこの国際的姉妹関係を祝うべく用意したのは、Sisterのための2つのデザイン。コレクションは3月8日にSisterの店舗とオンラインショップ両方で発売され、売上の10パーセントが女性支援団体に寄付されることになっている。コレクション発売に先立ったこのインタビューでは、東京でもっとも強い女性の1人を紹介しよう。

A bit more meta than talking tattoos is the main reason for meeting Yumi: International Women’s Day 2019. Teaming up with her not only as a distributor, but also as a creative partner and inspirational force, TISSUE created two exclusive designs for Sister in order to celebrate international sisterhood. The collection will be available March 8th at the shop and online. The deal: 10 percent of the revenue will be donated to Women’s Rights Advocacy Group. Until the capsule’s gonna drop, read the interview below and get to know one of Tokyo’s strongest sisters.


INTERVIEW: NADJA PREYER
PHOTOGRAPHY: MANA KOMIYAMA
TRANSLATION: MAI MATSUOKA


Tissue Magazine(以下T)- 東京から約600km離れた香川県で生まれ育ち、高校卒業とともに故郷を出たそうですね。Sisterで働き始めたきっかけは?

T- Growing up in the prefecture of Kagawa, around 600 km away from Tokyo, you left the countryside straight after finishing your A-Levels. How did you get in touch with Sister?


長尾(以下N)- まだ学生だった19歳の頃にアルバイトをしていた古着屋で、ヴィンテージ・ファッションのバイヤーとしてアメリカに行っていました。そこを辞めてしばらくは何もしていなかったのですが、あるとき、知り合ったその日にSisterの前経営者から突然聞かれた「一緒に仕事がしたいか」という質問に、私が「はい」と答えたことがきっかけです。ほとんど一瞬の判断でした。それから半年後、Sisterに資金的な後ろ盾があった時期に、当時好きだったデザイナーズブランドの買い付けをしたいと提案しました。前経営者も賛同してくれたため、デザイナーズブランドのセレクトも行うようになったのです。

N- When I was 19 and a trainee, I was working in a second-hand shop for a side hustle. During that time, I was sent to the US as a vintage fashion buyer. Even though I didn’t do anything for a while after this job, when I met the former director of Sister, he instantly asked me, if I wanted to join him. Of course I said yes. It was a pretty spontaneous decision. After 6 months, when Sister had some financial backup, I suggested to start buying collections of designers I loved at the time. He was also open for this idea, so I went for it.


T- では現在扱っているのは新品のみですか?

T- So you’re only selling new stuff now?


N- いいえ。お店がオープンした当初はヴィンテージのみの取り扱いでしたが、その後デザイナーズブランドのみの取り扱いに代わりました。さらにその5年後には、デザイナーズブランドに加えてヴィンテージのセレクトも再開しています。

N- No. In the beginning we were only selling vintage, then we switched to new stuff only, until we reintegrated vintage clothing again after 5 years.


T- TISSUEとのコラボレーションラインにはどんなメッセージを込めていますか?

T- What do you want to express with the collection we created together?


N- Sisterというショップを通して、また、今回のコラボレーションを通して成し遂げたいのは、自分の希望や人生の目的を叶えることに関して、女性の意識を変えること。女性から動かなければ社会は変わらないと考えています。日本の男性が与えられた社会的役割に満足している現状にあって、なぜ自ら変わろうとするでしょうか?日本の女性の多くは人生のどこかで諦めを覚えるものだと思います。「そういうものだから」と自分に言い聞かせながら。でも、そうではありません。今までそうだったからといって、これからも変わらない訳ではないのです。私たちには、平等に扱われる権利があります。そのためには、自ら動く必要があるのです。

N- What I mainly want to achieve with my work for Sister and also with this collab is, that women start to change their minds when it comes to their own needs and goals in life. I think, women are the ones to do that, cause Japanese men feel super happy with their roles in our society. So why should they ever change anything? I guess most women in Japan start giving up at some point in their lives, cause they think ”it is what it is”. But no: Things don’t have to stay always the way they are. We have the right to be treated equal and we need to act, in order to make a change for ourselves.


N- 「男性である、女性である、という以外に様々な個性を持った人がいるというのは素敵なこと」

N- “I’M AWARE AND HAPPY THAT THERE ARE LOTS OF OTHER TYPES OF PEOPLE BESIDES JUST MEN AND WOMEN”


T- Sisterという名前の由来は?従業員は女性しか雇わないと決まっているのですか?

T- Why is your shop called “Sister”? Do you have a strictly- female policy when it comes to your employees?


N- そうですね。もともとは、周囲に女性しかいない環境で仕事がしたいと考えていました。単にショップの名前にちなんだだけではなくて、他の女性たちと手を取り合って何かを作り上げたい気持ちがあったからです。何か、男性優位社会において、私たちに力を与えてくれるもの、自律的に行動する機会を与えてくれるものを。言うまでもなくこれも固定概念ですが、もしも男性のショップスタッフがいたとしたら、私たちはきっと、その人にどんな仕事を任せればいいか困ってしまったかもしれません。だって女性だけで全てやり遂げたかったわけですから。とはいえ、男性である、女性である、という以外に、様々な個性を持った人がいるというのは素敵なことだと思います。私は、お店を訪れるたくさんの方々から刺激をもらい、彼らを通して、世の中で起こっていることを知ります。男性であれ、他の誰であれ、そこから排除するようなことをしたくありません。私は私自身がどのような信条を持っているのか今は分からないし、この先も信条と呼べるものを持つかどうか分かりません。でも、新しい試みを続けていきたいとは思っています。

N- In the beginning, I only wanted to be surrounded by women, yes. Not only because of the name of the shop, but also because I wanted to join forces with other women and build something together. Something that makes us stronger and gives us the opportunity to act autonomously in a male-dominated world. Of course, this is a stereotype, too. But if there would be a male shop person, we would probably have a hard time of giving him anything to do. Cause we want to do everything ourselves! Still, I’m aware and happy that there are lots of other types of people besides just men and women. As a shop director, I meet many interesting people, which inspires me and shows me what’s going on in the world. So I don’t want to exclude men or anyone. I’m not quite sure, what my policy is for now or if will have one in the future. But I feel that I want to try out new things.


N- 「現在の性役割に満足しているのは男性だけではありません。多くの女性も、あまりにも早く自分のキャリアを諦めてしまっているように見えるのです。」

N- “NOT ONLY MEN KEEP ON FEELING COMFORTABLE WITH THESE ROLES. ALSO WOMEN THEMSELVES SEEM TO GIVE UP TOO FAST WHEN IT COMES TO THEIR CAREERS.”


T- 「マンボート」は、日本人アーティスト五十嵐恵(ろくでなし子)による、女性器をかたどったボートの建設計画です。数年前、彼女はそのボートを販売した罪(※)で裁判にかけられました。一方で、かなまら祭のように男性器を祝福する祭が日本全国で毎年行われています。このような偏った構造こそ日本の時代錯誤なジェンダー観を象徴するものではないですか?

T- The „Pussyboat” was a construction plan for a vagina-shaped boat, made by japanese artist Megumi Igarashi. A few years ago, she had to stand trial in Japan for selling it. At the same time, the whole nation is celebrating Kanamara-Matsuri – a huge, annual ceremony in honor of the penis. Is this ludicrous comparison proof for your country’s outdated gender roles?


N- ※ 実際は、女性器をかたどった置物を展示したり、自身の女性器の3Dデータを配布したことによる、わいせつ物陳列およびわいせつ電磁的記録等頒布の疑い そうですね。先進国といっても、日本には未だ古くからの理想や倫理観が多く残っています。日本人は自らを寛容に見せようとしますが、内心では古い価値観を維持したいと考えているのです。また、日本政府の対応も遅々として進んでいません。もちろん女性が働きに出ることは認められていますが、子どもに関することとなると、女性は家にいて子どもを育てる役割を負うことを当然のように期待されます。出産後、仕事に復帰する女性を支援するための仕組みが足りていないことは明白だと思います。そういった性役割に満足しているのは男性だけではありません。多くの女性も、あまりにも早く自分のキャリアを諦めてしまっているように見えるのです。私自身も子を持つ母親ですが、幸運にも仕事を続けながら子育てができています。ただ、子どもを幼稚園に迎えに行っても、同じようにお迎えに来ているのはほとんど女性ばかりなのです。

N- Yes. Even though Japan is a highly developed country, there are still lots of morals and ideals from back in the days circulating. I think people here want to present themselves open-minded on the outside – but on the inside, they secretly wish to keep the old standards. Also, the japanese government is reacting super slow to these issues. Of course, women are allowed to go to work, but when the time comes to have children, it’s predetermined whose role it will be to stay home and raise the kids. I think there’s definitely some support missing, that gives women the help they need to be reintegrated into working life after having a child. Not only men keep on feeling comfortable with these roles. Also women themselves seem to give up too fast when it comes to their careers. I am a mother myself, luckily a working one… And when I pick up my children from the Kindergarden, I almost only see women fetching their children.


T- 両手の甲に素敵なお揃いのタトゥーが入っていますね。タトゥーの意味は聞きませんが、どこで入れたかを教えてください。

T- You have two beautiful twinsie tattoos on the back of your hands. We’re not asking for the meaning of them, but please tell us where you got them.


N- バイヤーとして働いていた当時、1ヶ月おきにだいたい2週間ずつアメリカに出張していました。市街地よりも郊外に滞在することが多かったため、滞在期間中は映画を観に行くかタトゥーを入れるくらいしかすることがありません。そこで、同僚たちとスタジオへ行き、一緒にタトゥーを入れました。とても突発的に。このタトゥーに特に深い意味はありません。唯一のこだわりは、いつかタトゥーを入れることがあるなら、きっと肉体にまつわるものをモチーフにしよう、と決めていました。

N- During my work as a buyer, I went to the US every other month for around two weeks. I was rather staying on the outskirts than in the center of the cities. So there wasn’t much to do despite going to the cinema or getting tattooed. So me and my crew went to a studio and we all got inked together. It was a super spontaneous thing. There’s really no deep message behind them. But one thing that was important for me was that – if I get a tattoo at some point – it has to be an artwork that is related to the body in general.


T- 両手のタトゥー以外にもタトゥーはありますか?

T- Do you have more tattoos besides the two in your left and right hand?


N- はい。お腹に2つ、目と頭蓋骨のタトゥーがあります。

N- Yes. I have two on my belly. An eye and a skull.


T- コラボレーションの相手としてTISSUEを選んだ理由は?

T- Why did you choose TISSUE as a partner for the collection?


N- 実を言うと、単純に1人ではやりたくなかったんです。国際女性デーは、変化を祝う日です。変化を起こすには、多くの人の参加が必要です。だから、協力者を探していました。この企画について考えていた時期に、ちょうど別件でTISSUEと連絡を取り合っていたのですが、突然、ひらめいたのです。一緒にやらなくちゃ!って。TISSUEはぴったりの相棒だと思いました。そこから今に至るわけです。

N- The practical reason was: simply because I didn’t want to do it alone. International Women’s Day is a day we celebrate change. And change can only be done, if we all join a movement together. So I needed a partner in crime. When planning the project, I was talking to TISSUE because of another thing and suddenly it came to my mind like a flash: We gotta to do this together! I just felt that TISSUE was the right counterpart for this collection. So here we are.

メールマガジンをご登録頂くと、
入荷のご案内やセール情報などお知らせ致します

メールアドレス