MATERIEL

グルジアの首都ティビリシで最古のテキスタイルメーカーFashion House Materiaの専門的技術を受け継ぐMATERIELは、2012年にMaia Gogiberidzeによってスタート。
現在はTiko Paksashviliによるユニークかつ構造的なテーラリングと
フェミニンなシルエット、そして野心的な女性像を意識したコレクションを展開。
生地の再利用や製造工程での廃棄を最小限にしたサスティナブルな活動を掲げ、
ティビリシでの商品の生産・女性雇用を行い地域をサポートしている。

1件の結果を表示中