器まるかく

【器まるかく】色絵芙蓉手なます輪花皿(幕末~明治)

¥4,500 (+tax)

SOLD OUT

芙蓉手 : 器の周囲を八等分にし、そこに吉祥文や草花文を配したものをいいます。絵柄が芙蓉の花のように見られるところからその名前がつきました。こちらの皿では八等分に分かれた部分に水玉にも見える柄が描かれ、どこかポップでモダンな雰囲気を感じさせる食卓が華やかに一枚です。

サイズ : 直径 15.3cm

 

 

器まるかく | 渋谷区神泉にある古き良き時代の器から現代作家の器まで幅広く取り扱う「器まるかく」
大正〜昭和初期までの器をセレクト。

 

coordinate