2016/

1616年。九州の北西部に位置する有田の山の中で偶然発見された陶石の欠片は、
人々の知恵と努力によって美しい陶磁器に姿を変え、 400年もの間、世界中の人々を魅了してきました。
歴史や時代に翻弄されながらも、有田の人達は探求を繰り返し、
色あせる事のないものづくりの精神は今日の有田を支える人達に受け継がれてます。
2016年。400 年という節目の年に、世界に散らばる16組の優れたデザイナーと共に、新たな陶器ブランド「2016/」が誕生しました。

「2016/」はクリエイティブディレクターである柳原照弘とショルテンアンドバーイングスが手がける
「エディション」と15組が手掛ける「スタンダード」の2つのシリーズがあります。
多様な文化背景をもつデザイナー達が有田焼を再解釈し
有田の技術を結集して、世界の日常に寄り添う新たなスタンダードを生み出しました。

17件の結果を表示中